プロジェクトについてのソース

#freeze
#contents

*プロジェクト名 [#fd30dcb2]
Web公開を前提とした教育研究機関における労働安全衛生改善事例の集約

#br
*プロジェクトメンバー [#qbc1bb7e]

代表者 愛知教育大学 榊原洋子~
(以下所属機関名50音順)~
秋田大学 武藤 一、 大阪大学 太刀掛俊之、 岡山大学 秋吉延崇、  愛媛大学 濱井盟子、 高エネルギー加速器研究機構 平 雅文、熊本大学 藤田智紀、 群馬工業高専 荻野和夫、 東京工業大学 長谷川紀子、東京大学 城間光晴、 東北大学  中村 修、 名古屋工業大学 箕浦寿樹、 浜松医科大学 鈴木一成、 広島大学 坂下英樹、 横浜国立大 鈴木雄ニ   
#br
*目的 [#b2d06bbe]
 2006年度の企画プロジェクトにより、大学等において衛生管理者の巡視等で見出された課題とその改善事例等について情報収集し、安全衛生管理の現場向上に役立てられるよう「大学等における労働安全改善事例集」を発行した。その際、各大学の有効な情報の共有化と課題解決への連携協力は、継続されるべきであり、さらに推進するべきであろうという意見が多く出された。そして、安全衛生改善事例の積極的な公表は、大環協実務者連絡会の社会的貢献としても期待されていることを知った。~
 本プロジェクトでは、2006年度の事例集を踏まえ、大学等間で公表・共有できる有効な安全衛生改善事例を収集するとともに、その事例情報が継続的に収集・共有できるシステムを構築することを目的とし、実際に専用サーバーを立ち上げ、諸問題について検討を行いつつ、実務担当者間の連携協力を深めていきたい。なお、プロジェクト期間終了後には、プロジェクトにより集約された事例情報や運用管理技術等成果を、常設的組織(実務者連絡会もしくは大環協)に移管するなど、将来への継続的な事業としての発展の可能性を含めて検討することを目的とする。
#br
*プロジェクトの概要 [#z835db40]
+収集する事例情報の内容、およびフォーマット等の検討(メール)
+サーバーの運用、管理等の問題を検討(メール)
+事例の収集(郵便・メール・その他)
+情報のWeb公開試行(実務者連絡会限定)
+事例の継続的収集と一般公開にむけての運用ルール等の検討(メール・ミーティング・その他)
#br
*関連機関リンク [#r1323494]
[[大学等環境安全協議会:http://www.daikankyo.esc.u-tokyo.ac.jp/]]~
[[大学等環境安全協議会 実務者連絡会:http://www.daikankyo.esc.u-tokyo.ac.jp/jitsumu/jitsumu.html]]